yutaiiyamaLIFE’s diary

時間とお金というもので縛られることなく、将来暮らすことができるために、今学生でできる事っていうのを書いていきたいと思ってる次第です。

『塵も積もれば山となる』精神&マインド!

 

 

どうも、めしです!

 

 

本日は、三ノ宮に行ってきました。

三ノ宮は、都会でなんかきれいなイメージ。

梅田とは、都会やけど何か違う気がしました。

 

大阪=汚い

神戸=綺麗

 

こんなイメージが脳に

無意識にあるのかもしれない。

 

昼食は、”和”が強調されている

とんかつ屋さんへ行きました。

 

f:id:yutaiiyamaLIFE:20170804131254j:plain

 

今日は、

『塵も積もれば山となる』という

精神&マインド!について、

詳しく書いていこうかなと思います。

 

 

あなたは、”塵”という言葉を

聞いてみて何をイメージしますか?

 

  • 小さいゴミみたいなもの
  • 目に見えない位価値のないもの
  • 少ないもの、小規模なもの

 

色々あると思いますが、

よく言われるものとして、「お金」に

たとえて、言われますよね。

 

小銭に対して、

『1円を笑うものは1円に泣く』

だから、1円でも大事に使いなさい。

 

と、あるように。

だから僕は、1円というお金でも

とても大事に貯めたりしています。

 

この精神は、本当に重要だと思います。

 

 

これは、お金だけに言われることではなくて、

時間にも言えることです。

 

僕は、ビジネスを始めてから、

収益を出すまで、1日たりともビジネスのことを

考えなかった日はありません。

 

1日少ない日は、10分だけでも

時間を取れる日は、取りましたし、

 

逆に時間が取れる日は、

2時間、3時間取りました。

 

僕は、ビジネスを始めたときは、

「簡単にできるやろ」そう感じていました。

でも、実際は自分で考えたり、

考える以外にも、考えたことを文章に

起こすことが難しかったり、

 

結構難易度が高いと感じています。

 

でもそんなところに、

やりがいを感じていたりもするんですけどね。

 

1日10分するだけでも全然変わったと

言い切ることができます。

 

僕は、そこで毎日ビジネスに

触れることで、”習慣化”しました。

 

f:id:yutaiiyamaLIFE:20170804131646j:plain

 

もし仮に、毎日ビジネスというものに

触れていなかったら、今も、

モチベーション高く、ビジネスを

やってなかったと思いますし、

しっかり、少ない時間でもやってて

よかったと言えます。

 

あまり、習慣化することに、

あまり理解ができてない方のためにいうと、

 

英語とおんなじで、

英語って、英単語を覚えないと文って

しっかり覚えきれませんよね。

 

英単語でも、同じで、

 

1日目する   1日目少しする

2日目しない  2日目する

3日目する   3日目少しする

4日目しない  4日目少しする

5日目する   5日目する

 

という場合があった時に、

左も右も、5日間トータルで英単語をした

時間は、同じ場合、圧倒的大差で

右が勝ることが分かりますか?

 

英単語の勉強をやったことがある人は、

なかなか伝わるかと思いますが、

英単語を覚えている時って、

毎日少しでもしないと、すぐに忘れてしまうのは、

よくあることですよね。

 

逆に言うと、毎日している人って、

英単語の覚えって結構早いと思います。

 

 

それと同じで、ビジネスでも

スポーツでも何にでも言えることですが、

毎日、少しでもいいから継続することが、

習慣化され、成果に早くたどり着きます。

 

つまり、少しでも時間を取れるときは、取って、

少しでもいいから、継続したいことに対して

スマホのゲームで生産性を生まないことをするのではなく

それなら、そのゲームの時間をビジネスに

使ってみることで、

 

他の人より、早い成果が見込まれると思うし、

今後の成長にもつながると思います。

 

f:id:yutaiiyamaLIFE:20170804131759j:plain

 

小さい積み重ねが今後大きな成果を産む

原点やきっかけになれば、

それってものすごいことだと思いません?

 

でも、

できる人は、本当に少ないと思うし、

できるない人の方が、必ず多いです。

 

できる人にはいる人間は、今後成功していくと

考えますし、できない人は所詮そこまでです。

 

 

 

あなたは、どちらの人間に入りたいですか?

 

 

 

最後まで読んで頂き、本当に

ありがとうございました。